スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

More Bounce to the Ounce

こんにちは


やはり凄い渋滞が続いていますね。

今から高速道路に向かわれる方お気を付け下さい。



前回に引き続きファンクモードなので今回はこちらを

Zapp
4-59.jpg

ロジャー、レスター、ラリー、トニーのトラウトマン兄弟を中心に

結成されたファンク/ソウル・バンドです。

Pファンクのブーツィー・コリンズのバック・アップのもとで

80年にこのアルバムでデビューしたザップ

トーク・ボックスやシンセサイザーといった当時の最先端の機材を使う事により

一聴すると無機質に聴こえるのですが、そのベースになる曲調には

黒人音楽の伝統を踏襲しており生々しくもあり、また洗練されたファンクサウンドです。

また特徴的のところとして中心人物であるロジャーのボーカルスタイルであり

トーキング・モジュレーターを自由に操る彼の独特なボーカルは現在においても

多大な影響を与え続けています。

ではこの曲を

More Bounce to the Ounce


この曲は後にヒップホップの元ネタとして最もサンプリングされた曲のひとつです。

重いベースに小気味良いギターとドラムの上を

ブリッジがないアレンジにトーキング・モジュレーターのボーカルが長々と続く

しかしグルーブに満ちており

ファンク界において革新的であり衝撃を与えた曲であります。



とはいえ手っ取り早くZapp & Rogerを知りたい方はこちらを

All Greatest Hits
4-60.jpg

おいしいところが満載のアルバムです。

特にMega Medleyのアレンジが絶妙で思わず踊り出してしまいます。

このMega Medleyが聴きたくてアルバムを探したのですが

どうやら誰かに借りパクされたみたいです。



90年代に入り一時下火ではあったものの上記に記載したように

若い連中が元ネタとしてサンプリングした事により

ソロやザップの活動に追い風が吹いたロジャーですが、

99年に実兄のラリーに撃たれ、死んでしまうという悲劇でその生涯を閉じています。


現在はテリーがトーク・ボックスをプレイしロジャー亡き後のザップを続けています。



確か95か96年にハワイに行った時たまたまZapp & Rogerがなんかのフェスで来ており

私もラッキーな事にライブを参戦でき、紫色のスーツを身にまとったロジャーの

もうひと花咲かせようした熱いパフォーマンスが印象的でした。

偶然にも好きなアーティストのライブがハワイとはいえ本場アメリカで観れるとは

忘れる事が出来ないライブの一つです。



スポンサーサイト
コメント

No title

こんにちは!

反復リズムが延々と続いて、酩酊感を生んでいくんですよね。
わたしはこういうファンク系の音楽聴いてる時、延々繰り返しでリズムの人飽きてこないのかなってたまに思うことあります(笑)
こういう感じの声の効果、ボコーダーって云う名前でわたしはインプットされてるんですが、トーキング・モジュレーターっていうのはまた違ったものなんですか?この声の効果は物凄く気持ちよい音として耳に入ってきますね。

No title

薄荷グリーン さん こんにちは

いつもありがとうございます。

ファンクは当初すでに私自身が泥酔状態の中ディスコやクラブで
聴き始めた事もありますので、すんなりと入る事が出来たんですよ(笑)

似たような音ではあるのですがボコーダーとトーキング・モジュレーターでは
それぞれ音の出し方が違います。

ボコーダーはマイクで拾った音をシンセ等の鍵盤楽器からスピーカーに出す方法で
こちらの方が主に使われていると思います。最近ではパフュームなど

トーキング・モジュレーターまたはトーク・ボックスと呼ばれるこちらは
先程とは逆でビニールチューブから出た楽器の音を
口の中で響かせ、それをボーカルマイクで拾うというやり方です。
ベックやリッチー・サンボラなどがよく使っていますね。

ロジャーの音はブラックミュージックに影響を及ぼしていますが
使われる楽器についてはボコーダーが多いと思います。

コメントありがとうございました。

No title

こんばんはv-85

やはり血ですかね~? DNAがそうさせるんでしょうか?
黒人のリズム感の良さは天性のモノだと思います。
どうしても日本人のソレは「演歌」の匂いがしてしまう・・・(笑)

今や、海外アーティストの日本公演も夏フェスの盛り上がりとともに増えていますが・・・
ハワイでのライブの方が盛り上がりませんでした?(笑)
どうやら日本人はおとなしいようで、DVDなどを観ても、およそ海外でのライブの方が盛り上がって見えてしまうんですよね。

No title

ともさん おはようございます

ご気分の方は如何でしょうか?
昨年、私も同様な気持ちなったにも拘らず何とお声をかけて
良いか分からず昨日のコメはあの内容になってしまいました。

確かにリズム感は黒人ならではの物ですが
演歌の心も持てるみたいですね。ジェロとか・・・

たぶん1万人規模のホールでしたがダンスホール状態で
みなさん踊りまくってましたよ。当然私もです(^_^)
ここ日本でも最近のラウド系のライブは凄い盛り上がりをしてますよ。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。