スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Give Up The Funk

こんにちは

約10年前5月3日に吹田ICで3時間程渋滞に巻き込まれた記憶がありますが

ゴールデンウイークの中盤みなさんどの様にお過ごしでしょうか?




さて前回Jamiroquaを紹介したのですが

これを機に少しだけファンクモードに入りまして

久々にこんなアルバムを引っ張り出してきました。

Parliament  / Mothership Connection

4-58.jpg

P-Funk軍団率いるジョージ・クリントンのParliament名義の4作目です。

総帥ジョージ・クリントン率いたParliamentとFunkadelicの

二つバンド総勢50人以上からなる音楽集団であり

1曲目のP-Funk (wants to Get Funked Up)でPファンク宣言が高らかに歌われています。

ほぼ同じメンバーでありながらそれぞれ違うレーベルからアルバムを出し

パーラメントはホーン、コーラス、シンセサイザーを基調としたアレンジがされて

考え抜かれたファンク

ファンカデリックのサウンドはさらにロック、サイケの色合いが濃くなっていくギター・バンドで

フィーリングに頼った感覚的なバンドと住み分け

この二つのグループを総称してPファンクという偉大な名が定着しました。

このアルバムMothership Connectionにはマイケル・ハンプトン、グレン・ゴインズ

そしてJB'sのホーン・セクションよりフレッド・ウェズリーとメイシオ・パーカーを

迎えて最強の布陣を整えています。

ではこの曲を

Give Up The Funk (Tear The Roof Off The Sucker)







スポンサーサイト
コメント

応援です・・・

ポッチっとしておきました・・・

No title

しげっき~さん おはようございます

応援ありがとうございます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。