スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待しています UKZ

こんにちは

みなさん週末はいかが過ごされましたか?

私どもは当然ながら仕事でした。


最近いらっしゃるお客様の層として、

結婚予定のカップルを中心にご来店頂いています。

まもなくやってくるジューンブライドルに合わせてこの時期に集中されます。

その為、紹介する我々としても良い物件が日に日に減り焦ります。

物件に限っては残り物には福はありません。

残り物は、残り物です!




ところで、6月にやってくるのは新婚さんだけではありません。

UKZ が来日します!

プログレのバンドです。

以前コメントでUKZの来日を教えて頂きました。

それまで彼らの存在をすっかり忘れていました。

Yasuさん教えて頂きありがとうございます。今日はUKZ布教活動として紹介します。

メンバーは

Eddie Jobson      Keyboards  Violin

Trey Gunn       10-String Touch Guitar

Alex Machacek    Guitar

Marco Minnemann  Drums

Aaron Lippert     Vocals


UKでも紹介したEddie Jobsonが中心となり結成されました。

バンド名の由来はUKと、解散後彼のプロジェクトZincからです。


元King CrimsonでWarr Guitar使い手Trey Gunn

そしてTerry Bozzio.のからみで入った

Alex MachacekとMarco Minnemannはこれまたテクニシャンです。

ボーカルの人は知りません。



Youtubeで彼らのPVを観ました。

前半は別に悪いわけでは無いのですが、ふ~んてな感じで聴いていたところ、

後半のインストパートから、ユニゾンがいきなりきます。



うわっ!なんやこのタイコの人タコみたいや!絶対前世はタコや!

ギターの人スイープから、出たAllan Holdsworthみたいや!

はい、待ってましたViolin!

と、PVを見て思った3分40秒からの率直な感想です。

私の感想は参考にならないので、その曲を

Radiation


1曲だけでは判断が付きませんが、

UKというよりKing Crimsonぽいと感じましたがどうでしょうか?


現在、EPが発売されていて、通販ならすぐに手に入るのでしょうが、

私は店に行って現物を手にとって購入するたちなので、まだ仕入れていません。

ですのでライブを見に行って会場で購入しようと思います。

日程など詳しい事はUKZまで



スポンサーサイト
コメント

No title

RENTマンさん こんばんは(*^_^*)
またまた、敏腕揃いのバンドですね^^

Eddie JobsonのKeyboardもいいのですが、 Violinには見とれてしまいましたよ^^

そして、Alex Machacekの(G)も最高ですし
Marco Minnemann(D)凄いね!
あんなに、思うように楽器が操れたら気持ち良さそうです。

こういったハイレベルなバンドは、生で演奏を楽しみたいですね(^^)
いつも、ありがとうございます^^
また、お邪魔します(^^)v応援

No title

Lifeさん おはようございます

プログレ界の貴公子もだいぶ更けましたね!
ジョン・ウエットンに比べれば、まだまだ若いですが。

今後どのような音を出していくのかライブで確かめようと思います。
UKの曲もやるみたいですしね(^^)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。