スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアGP

こんにちは藤木です。

昨日のオーストラリアGPは色々な意味で見応えがありました。



まず感じた事が、レギュレーションの変更によりフロントウイングが大型化され

正面から見た印象に違和感を感じた事


KERS(運動エネルギー回生システム)の効果が思いの外あり、

使い方次第で、明暗を分けていた事


夕暮れのレースの為、影が長くナイトレースより見えにくい等々。



何と言っても今回のサプライズはブラウンGPのワン・ツーです!

3週間前までは、存続できるかどうかのチームが

純粋なコンストラクターとして旧ホンダが成し遂げられなかった

予選からのフロントロー独占で、決勝もワン・ツーとは・・・


大幅なレギュレーションの変更での初戦

チーム間の戦力はある程度イーブンであるとはいえ

この結果に、ブラックリーのスタッフたちの仕事ぶりは称賛に値します。


08年を我慢してまで09シーズンに向け開発したシャーシーに

メルセデスのエンジンを搭載して優勝

同じくメルセデスを搭載したフォース・インディアもブラウンGP同様

開発段階に想定されたエンジンと異なる物を搭載し、

そしてレース結果で2チームのこの差は

旧ホンダ陣営がいかに大金をかけて良いシャーシーを開発出来たかを証明します。

それだけに、メルセデスを積んだ旧ホンダのブラウンGPの結果を

撤退したホンダがどう受け止めているか、非常に興味深いものがあります。

しかもエンジンサプライヤーとしてはメルセデスが1・2・3独占なのですから


また、運もブラウンGPに味方しました。

いよいよエイドリアン・ニューウェイの開発能力が発揮し始めた

レッドブルを生きの良いセバスチャン・ベッテルがドライブし

これまた若いBMWザウバーのロバート・クビサと2位争いの中

両者が接触、そして残りわずか3周で共にリタイア

09仕様のフロントウイングの大型化で車幅の間隔が

以前と異なった為に起ってしまったクラッシュ

去年のマシンであればこれは避けられたのでは無いでしょうか。

おかげでスタートを失敗したバリチェロがラッキーな2位

しかし、F1の表彰台でほぼ真っ白なレーシングスーツで登場するとは

珍しものを見せて頂きました。



まだ、初戦ですからまだまだ先の展開は分かりませんが

今回はブラウンGPにあっぱれです!



今後の勢力図がどう変化するのか、プライベーターが活躍できるのか

今年のFは面白そうです!

で、今日の曲紹介はオーストラリアのバンドの昔の曲を

INXS - New Sensation













スポンサーサイト
コメント

No title

RENTマンさん こんばんは(^^)/
F1は、土曜日から出ていまして今日戻りましたが
すっかり忘れていました(汗)
旦那は、家で見ていたようでF1がカッコ悪い形に
なったと言ってました(笑)
私も、今度スカパで見なくては・・・
ではまた(*^^)v応援

No title

Lifeさん おはようございます

いつもありがとうございます。
そうです!メッチャカッコ悪くなりました!
でも、下位を走っていたチームが優勝するなど
今後の展開が楽しみです!

仕事中なので、録画で見ようとしていたのに
ヤフーニュースで先に結果を知ってしまいました(T_T)
情報の早さも時と場合によっては良し悪しです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。