スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォオッオー!

こんにちは藤木です。


私は、様々なジャンルの音楽を聴くのですが、

やはりHM/HRが大好きです!

何かドロップアウトしたかの様な始まりですが、

最近の記事であるバンドの復活が取り上げられ

今回はこのバンドの紹介と思いつきました。

それのバンドとは

  KEEL  です。

このブログをお読みいただいている大半の方は

おそらく全く興味がないでしょうが、続けます。

興味のある方は続きをどうぞ。

LAメタル全盛期 Yngwie Malmsteenが参加したSteelerの

中心人物である Ron Keel(Vo) が結成

ありきたりの説明になるのですが、音の方は、

適度にハードでストロングでフックがありサビはキャッチーでみんなでコーラスできて

時にはメロウなバラードがあり、所謂LAメタル特有のサウンドです。

ポイントとしては、ロン・キールの声が好きか嫌いかです。

どちらかいえば、私は嫌いです。(笑)

では、なぜ紹介するかといえば、2nd・3rdのアルバムの曲が私のツボにはまったからです。

とりあえず聴いて下さい。2ndのThe Right to Rockからのタイトルナンバー

The Right To Rock




そして3rdのThe Final Frontierから

Tears Of Fire



JourneyのFaithfullyのPVそっくりです。みんな仲良しです。

この曲はMTVでもよく流れてヒットしました。

でも、この映像と違う物だった記憶が・・・

このアルバムではパティ・スミスのBecause the Night(ブルース・スプリングスティーンと共作)

もカバーされ、2ndのヘヴィ路線よりもヴァラエティに富んだアルバムでした。

この後、来日公演が行われました。

3rdの1曲めでもあり、そのツアーのオープニング曲の

The Final Frontier (live 10/15/86)




当時、私の周りの友人はHM/HRから離れていき、

誘っても誰からも断られ、寂しく一人で行きました。

次は無いと思っていたので、この来日を逃す分けにはいかないと!

LIVEは演奏やフォーメーションともに、見せ場も多く本当に良かったです!

この時、隣に50歳前後と思われる紳士が一人でおられたのですが、

その方もノッテいらっしゃいました。

その姿見て、「自分も、いつまでもこんなん聴いてるんやろなぁ~」

と、思い今それに向かってまっしぐらです!

結成25周年の再結成ですが、おそらく無いと思われる

来日を少しだけ期待し今日も

The Right to Rockと叫びます!
                4-41.jpg




スポンサーサイト
コメント

No title

はじめまして。こんばんは。
Tears Of Fireとても綺麗な曲ですね。HMのメロウな曲っていい曲多いですね。

No title

lifeonmarsさん おはようございます

コメントありがとうございます。
そうですよね!
バラードにも良い曲が多い事も
HMの魅力の一つだと思います!

No title

こんばんは
KEEL知ってますよ、でも当時はあまり
好きなバンドではなかったです。
今改めて聞くと、Tears Of Fireは
鳥肌ものに良い曲ですね。

No title

STUパパ さん こんにちは

コメントありがとうございます。
気に入って頂けて幸いです。
私はジャンルに関係なく、良いと思う曲に
出会えた時に少しだけ幸せを感じます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。