スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また1つ思い出が・・・!

こんにちは、オガワです。 


昭和39年10月に東海道新幹線(新大阪~東京間)の

開業時に開発された初代新幹線車両。 

日本の高度経済成長時代を支えた車両。 

かつて、『世界で1番早い列車で夢の超特急!』 と言われた車両。




新幹線0系モデル。



1-367.jpg  1-368.jpg

大阪万博が開催される際に(1970年)輸送力強化の為に、

16両編成化され、食堂車やビュフェ車を連結してました。 

現在は山陽新幹線( 新大阪~博多間 こだま )のみで運行中で、

6両編成5本の30車両が残っているそうです。

これもあと3ヶ月程で消えていきます。

車体の老朽化( 昭和61年で製造中止 ) と新型車両が続々と開発され、

11月で全車両廃車が決定しています。

『速さの500系』 と 『乗り心地の700系』 にバトンタッチです。

でも、元鉄道マニアとしてはさびしいですね。 


※ちなみに最高速度は?

  0系モデル・・・220km/h  
500系モデル・・・300km/h  
700系モデル・・・285km/h  



2007年8月に機械遺産として認定された車両が、


港区の交通科学博物館に、先頭車両2台(東京方、博多方それぞれ1両)

グリーン車1台、ビュフェ車1台の計4両の編成が展示されています。

超ヒマな時行ってみて下さい。



  ランキングに参加中です 

    クリックしてね
  
    クリックしてね

  ブログランキング・にほんブログ村へ  クリックしてね



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。