スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・K

こんにちは

いよいよ本格的にGWがスタートしましたね!

今回は高速道路料金引き下げという事もあり

車で移動される方も多いのはないでしょうか?



先日、身内に祝い事があり京都まで車を走らせました。

一人で移動の時の楽しみは車内での音楽鑑賞です。

もっぱら最近はLamb Of God の Wrathをメインに聴いているのですが

祝い事で向っているのに怒っている曲を聴くわけにはいけません。

で、久々に聴いていたアルバムがこれです。

Jamiroquai  /  A Funk Odyssey
4-57.jpg

イギリスのAcid Jazzのバンドです。

このカバーに映っているのが中心人物でボーカリストの Jay・Kayです。

メインソングライターであるJ・Kが作り出す音はファンクやソウルの影響を受け、

そのフィルターを通したジーャジーなサウンドは個性的でもあり魅力的です。



A Funk Odysseyと名付けられたタイトルどうり

このアルバムはJamiroquaiの中で最もファンク色が強いものであり

また様々なジャンルが融合されアシッド・ジャズの括りでは語り切れない

多彩な音楽を創りあげられています。

まずはダンサンブルな曲を

Jamiroquai - Little L


ギターカッティングにストリングス系の音にこのビートは

まさしく80年前後のスタイリッシュなディスコです。

次も同様にカッコイイギターのカッティングから始まるこの曲を

Jamiroquai - Love Foolosophy


生のストリングスとの絡みが良いですね!

ベースのラインがこれまたカッコイイですね。

ライブでも定評がある彼ら、さすがに皆さん演奏がお上手です。

次は当時のライブのオープニングの曲を

Twenty Zero One



ファンキーでありながら低音が効いたクラブよりのサウンドは

車内でサブウーハがドーン・ドーンと響き一人クラブ状態です。

そして優しいメロディのボサノヴァを

Jamiroquai - Picture of my life



アルバムでは一応最後のトラックなので

とても静かに終わらせてくれます。



行きはノリの良い音を聴きましたが

帰りは早く帰りたいのでSLAYERを聴きながら安全運転で帰宅の途となりました。





スポンサーサイト

気になる噂

こんにちは

今日の大阪は雨が止んだものの風が強く飛ばされそうになりました。



さて、最近の紹介する曲がどうもヘヴィ系に偏っているのですが

今回も同様な話題をと

LOUD PARK 09の出演アーティストの予想です。

というのも気になるチラシがネットに出回っていました。

4-56.jpg


公式発表はまだなのに?

とりあえず記載されているバンドは以下の通りです。

SLAYER

KORN

DREAM THEATER

HAMMER FALL

LAMB OF GOD

BEHEMOTH

PAPA ROACH

OUTRAGE

THE ANSWER

GOJIRA

私的には是非観てみたいのですが、あくまでもこれはファンが勝手に作ったチラシでした。

しかしこのメンツ満更でもないようです。


昨夜のPOWER ROCK TODAYでイニシャルトークがあり

M・M・S・A・O・Dのイニシャルが上がっていました。

それにクリエイティブマンがかなり近い名前が挙がっている

このチラシに驚いているとの事でした。

M・Sについては秋にカップリングツアーの噂があり

MEGADETHと SLAYERと思われます。

他にもチラシと被っているバンドがありますが

私が注目しているバンドはDの DREAM THEATERです。

間もなく出る新譜も気になります。

As I Am live in Rome 2004



あとイニシャルには出ていませんが KORNも気になります。

Right Now


もう一つのMも気になります。

最近あるバンドを検索したらサマソニ09のホームページにヒットしました。

そのバンドとは METALLICAです。

サマソニの主催者といえばラウパ同様クリエイティブマンですよね。

少し勘ぐり過ぎでしょうか!

どうなんですかねクリエイティブマンさん?

Enter Sandman





It's a Long Way to the Top (If You Wanna Rock 'n' Roll)

こんにちは

今日からゴールデンウィークに突入の方もいると思うのですが、

大阪はあいにくの雨です。



さて、一般的にはヘビメタの名称で知られているヘヴィメタルですが、

このジャンルの中は、かなり再分化されており

スラッシュメタル・パワー・メタル ・インダストリアルメタル等きりがない程あります。

その中のひとつブラックメタルの面白映像があったのでアップします。


どうやら学校での発表会のようです。




学校でのロックというと思いだすのが

映画「スクール・オブ・ロック」です。

ジャック・ブラック演じる偽教師が厳格な学校の生徒たちにロックを教え込み

バンドコンテストに出場するといったストーリーのコメディーです。

偽教師ではあるもののロックを通して教師と生徒の絆を深め

またロックに出会った事で変っていく子供達の姿を見事に描いています。

では、ラストでバンドのアンコールの演奏からエンドロールまで使われたシーンを

ただ、この映画をこれから見ようと思われている方はスルーして下さい。



AC/DCのIt's A Long Way To The Topをここで持ってくるとは

なかなか粋な選曲です。




で、本家のAC/DCの方を

It's a Long Way to the Top (If You Wanna Rock 'n' Roll)


まさにAC/DC自身が地で行く曲名を

1stのHigh Voltageの1曲目に持ってくるあたりがまたにくいですね。

故ボン・スコット(Vo)のバグパイプの音色がアクセントとなり

このタテノリのサウンドにマッチしています。

来日の噂もありますが1年先との事でファンとしては早く観たいものです。





エンドレス

こんにちは

みなさん、あるメロディーが頭の中でエンドレスで鳴り続ける事はありませんか?

現在、私の中で鳴り続けるのはこれです。


みなさんもご存じと思うこのCMの

「 噛むとフニャン、ニャン、ニャン、ニャ、ニャン♪」

このフレーズが鳴り続け、思わず口ずさみそうになります。

それとビヨンセの物まねの人の切れのある踊りも気になります。



これを直すには他に良いメロディの曲を聴くしかありません。

それでこの曲を
Take Back The City


Snow Patrolの実に良いメロディ満載の曲です。

でも、まだフニャン、ニャンが離れません。



その場合は最終手段としてこれです。
Slayer - War Ensemble


これでCMのメロディが消えます。

しかし今度はSlayerの激しいリフが頭の中で鳴り続けます。

しかも無意識にヘッドバンキングまでしています。

困ったものです。



期待しています UKZ

こんにちは

みなさん週末はいかが過ごされましたか?

私どもは当然ながら仕事でした。


最近いらっしゃるお客様の層として、

結婚予定のカップルを中心にご来店頂いています。

まもなくやってくるジューンブライドルに合わせてこの時期に集中されます。

その為、紹介する我々としても良い物件が日に日に減り焦ります。

物件に限っては残り物には福はありません。

残り物は、残り物です!




ところで、6月にやってくるのは新婚さんだけではありません。

UKZ が来日します!

プログレのバンドです。

以前コメントでUKZの来日を教えて頂きました。

それまで彼らの存在をすっかり忘れていました。

Yasuさん教えて頂きありがとうございます。今日はUKZ布教活動として紹介します。

メンバーは

Eddie Jobson      Keyboards  Violin

Trey Gunn       10-String Touch Guitar

Alex Machacek    Guitar

Marco Minnemann  Drums

Aaron Lippert     Vocals


UKでも紹介したEddie Jobsonが中心となり結成されました。

バンド名の由来はUKと、解散後彼のプロジェクトZincからです。


元King CrimsonでWarr Guitar使い手Trey Gunn

そしてTerry Bozzio.のからみで入った

Alex MachacekとMarco Minnemannはこれまたテクニシャンです。

ボーカルの人は知りません。



Youtubeで彼らのPVを観ました。

前半は別に悪いわけでは無いのですが、ふ~んてな感じで聴いていたところ、

後半のインストパートから、ユニゾンがいきなりきます。



うわっ!なんやこのタイコの人タコみたいや!絶対前世はタコや!

ギターの人スイープから、出たAllan Holdsworthみたいや!

はい、待ってましたViolin!

と、PVを見て思った3分40秒からの率直な感想です。

私の感想は参考にならないので、その曲を

Radiation


1曲だけでは判断が付きませんが、

UKというよりKing Crimsonぽいと感じましたがどうでしょうか?


現在、EPが発売されていて、通販ならすぐに手に入るのでしょうが、

私は店に行って現物を手にとって購入するたちなので、まだ仕入れていません。

ですのでライブを見に行って会場で購入しようと思います。

日程など詳しい事はUKZまで



まだまだ現役の紫の人たち

こんにちは

少し肌寒い今日の大阪

みなさん体調管理にはお気を付け下さい。



さて、恐竜の日の本日は

ROCK界の恐竜こと(勝って言ってます)

DEEP PURPLE と YNGWIE MALMSTEEN のジョイントライブが無事終わりましたね。

私にとってどちらも好きなアーチストではあるのですが、

今回は軽くスルー致しました。



では何故取り上げるのか?

少し気になる話題があったもので、それについては後ほど

まずは、スティーブ・モーズが加入してからの曲を

Sometimes I Feel Like Screaming



ドン・エイリー(key)加入前のライブです。

そうこの時は、まだジョウン・ロードが弾いていたのです。

その脱退していたジョンが最終公演に登場したのです!

その時のセットリストは



4月15日(水)@東京国際フォーラムホールA

1   Highway Star

2   Things I Never Said

3   Into the Fire

4   Strange Kind of Woman

5   Rapture of Deep

6   Mary Long

7   Contact Lost

8   Sometimes I Feel Like Screaming

9   Well Dressed Guitar

10  Wring that Neck

11  Battle Rages On

12  Christian on Keys

13  Perfect Stranger     with  JON LORD

14  Space Truckin'

15  Smoke on the Water   with  JON LORD / YNGWIE MALMSTEEN

encore

16  Hush

17  Black Night


お分りのとうりSmoke on the Water ではイングヴェイも共演です。

ではドン・エイリーの Keyboard Soloから始まるこの曲を

Perfect Stranger


こんな感じだったんでしょうか?

この時のライブを観られた方、是非教えて下さい!

それにしても、イントロのオルガンのグリッサンドがたまりません!

こういうレイドバックしたDEEP PURPLEも良いですね。






NEW ENGLAND

こんにちは

皆さん、もうお花見には行かれましたか?

春というより初夏のような陽気と、明日の天気は雨との予報で

大阪では、いよいよ葉桜の様相に変わろうとしています。

私は通勤時の駅までの道のりが、お花見です。

今日その道を歩いていると、そこは華吹雪が舞っていました。

そこで、ふっと頭の中を過ぎった曲を本日紹介します。

NEW ENGLAND /  Don't Ever Wanna Lose Ya


1stからの曲です。

アメリカン・プログレ・ハードのバンドです。

哀愁の漂う且つキャッチーなメロディに、重厚なコーラス

そしてドラマティックな展開で構築する様に涙が出てきそうです。

4-55.jpg


レッドアイ

こんにちは


今朝の事です。

顔を洗う為、洗面台の前に立ち鏡に映った自分に異変がおこっていました。

左目の白目部分の左半分が真赤です!

驚きました!

別に痛い分けでもなく、見えにく分けでもなく通常どうり生活できるのですが、

やはり心配です。

今日は仕事だったのですが、病院で診察してもらいました。

結果は大した事はなく、「ただ白目のところが出血しているだけ」でした。

一先ず安心と、いったところではありますが、

この赤い目だけは1・2週間はこのままだと言われました。

接客業をしている私としては少々困った事になりました。

普通にしていても、「怒ってるのか?」と、よく言われる顔に赤い目が加わったのですから

自分で言うのもなんですが、不気味です。

カクテルのレッドアイは好きですが、本当に目が赤いのは頂けません。

お客様にドン引きされます。

眼帯をすると車の運転ができないし、サングラスを掛けるわけにもいきません。

仕方がないのでこの状態のままです。



さて、今日の曲紹介はレッドアイならぬレッドロッカーのこの人を

i cant drive 55



Sammy hagar の愛車フェラーリ365GTBBを自慢する為のPVです(笑)

現在この人は新たにスーパーバンドを結成しました。

メンバーは

Joe Satriani

元VAN HALENのSammy Hager、Michael Anthony

そしてRED HOT CHILI PEPPERSのChad Smith

この豪華なメンバーのバンド名は CHICKENFOOT

骨太なアメリカンハードロックを聴かせてくれます。

彼らのCHICKENFOOT MySpaceで楽しそうな姿が見れので興味のある方クリックして下さい。

アルバムリリースはまだですが、これをどうぞ

Chickenfoot  /  Soap On A Rope





また夢の話です

こんにちは


おかげさまで、録画してあったマレーシアGPを昨日見る事ができました。

不覚にも前回同様、酒の力を借りて眠ってしまった為に時間がかかりました。

で、午前4時ごろから見始めました。

なぜそんな時間から?と思われるでしょうが、

原因は、また夢です!



今回の内容は仕事中、お客様との電話でのやり取りでの事です。

お客様 「部屋を探してるのですが・・・」

私    「ありがとうございます。どのようなタイプでお探しですか?」

     「どんなと言われても・・・・・・」

     「では、入居は何名でされるのですか?」

     「いや、そんな事急に言われても・・・・・」

     「では、間取りとかは?」

     「え~・・・・・・」

     「エリアはどのあたりでお探ししましょうか?」

     「探してるんですが場所までは・・・・・・」


と、ここで目が覚めました。

「もやもやし」た気持ちを抱え2度寝ができず、

先程に至るという事です。



現実ではこんな事は起こらないでしょうが、

引越は考えていても、漠然としたイメージしか持たれていない方もいらっしゃいます。

しかし、そんな方でもご安心下さい。

我がスタッフが、ご満足できるお部屋をご紹介します。


久々に賃貸屋さんのブログってな内容になりましたね(笑)



浅い眠りだからでしょうか、このところ続く夢物語にはなんか疲れます。

さて今日の曲紹介は


Another Day - - - Dream Theater









ミスりました

こんにちは

絶好の花見日和の昨日、腹立たしい出来事がありましたね!

まっ、気分を取り直して



本日はマレーシアGPの話題でもと、思っていたのですが、

残念ながらまだ結果を知りません。

昨夜テレビの前で晩酌をしながら待機していたのですが、

始まる約15分前あたりから全く記憶がございません。

気が付けば午前4時過ぎ!

そうです爆睡していました。

しまった!

ミスった ミスった

ミスッタ ミスッタ

ミスタ  ミスタ

ミスター ミスター

Mr  Mr

Mr Mister

はい、今日の曲紹介は

Mr Mister  / Kyrie


いかがでしょうか?


Wrath

こんにちは


昨夜未明、家主様宅で商談を終えた帰り道

左折した暴走する車に足を轢かれました。

しかもその車は止まる素ぶりも見せず

いわゆる「ひき逃げ」をしたのです。

私は逃してなるものかと車を追いかけました。

すると車は先程の家主宅に止まったではありませんか!

しかも運転手は、今売り出し中の頭が鳥の巣のようなお笑い芸人で、

その彼は家主様の会社でバイトしていたのです。

私は何故ひき逃げをしたのか、彼に詰めよりましたが

当の本人は、全く罪の意識がなく

それどころか、自分はそんな事はしていないと、しらを切り続けます。

なぜ罪を認めず謝らない、この頭が鳥の巣のようなお笑い芸人に、猛烈に怒りを感じたところで

目が覚めました。

お分りかと思いますが、夢です。(笑)

しかし、起きてもまだ腹の虫が収まりません。



そこで本日は私より遥かにメチャメチャ怒ったはるバンドの紹介です。


Lamb Of God  /  Wrath
4-54.jpg

タイトルのWrathとは、憤怒・激怒・ 復讐・ 懲罰といった意味です。

どれほど怒っているかアルバムのタイトルだけで十分理解できます。

その怒りを込めたサウンドに身を委ねると、私の怒りと同化し心地よくなります。



Pure American Metalを名乗る彼らのサウンドは、まるで重戦車かの様な怒涛のヘヴィネスで

随所に哀愁あるフレーズを散りばめ、

重たく猛るグルーヴにメタルの構築美がさらに加わった構成は

まさにエクストリームメタルの重鎮といったところでしょうか。

まずは3曲目の SET TO FAIL


現在、彼らのLAMB OF GOD MySpaceで Wrathを全曲視聴できるので、

興味のある方はクリックして下さい。

このCDを購入するまでは、Lamb of GodのMySpaceにお世話になりました。



先日、来日公演があったのですが、残念ながらLamb of Godのライブに参戦できませんでした。

ただ参戦しなくて良かったと思います。

モッシュピットに巻き込まれでもしたら、体がボロボロになり次の日は仕事になりません。

負け惜しみです。



そんなLamb of Godのライブの様子がわかる前作Sacrament から

Walk With Me In Hell






最近、Wrathばかり聴いていたので、こんな夢をみてしまったのでしょうか?

今日はAlicia Keysでも聴きながら寝ます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。