スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安上がりです

こんにちは藤木です。

今朝は10℃以上と温かい朝を迎えた大阪です。

このまま温かくなれば良いのですが、いいのですが。

話は変わって、昨日は南森町にあるオーナー様宅にて商談がありました。

商談を終え、時間は2時過ぎ少し遅めのランチでもと。

オーナー様宅からの帰り道は、

日本一長い商店街ということで有名な天神橋筋商店街を歩くことに。

色々なお店があるので迷っていたのですが、

次の商談の時間も迫っており、

帰りの時間を考えると店内での食事は無理なので、

テイクアウトのお店へ、向かった先は

「中村屋」

4-42.jpg


このお店は揚げ物屋で、中でもコロッケは全国区で有名です。

ただ、いつもは行列ができているので、待ち時間が気になったのですが、

この時は二人しか待ってなくて、すんなりと買えました。

「コロッケ3個下さい」

他のメニューも美味しいのですが、車中で食べるにはコロッケがベスト

1個¥70  ん?前は¥60だったのに値上がってる!

と言っても、3個以上のカロリーは私にとって致死量なので、

この日のランチ代は¥210 なんと安くついた事でしょう!

帰りの車中で食べるので、足早にガレージへ。

一口ガブリと、揚げたてで、衣はサクッと香ばしく中はホクホクのジャガイモで

甘味がある美味しいコロッケです!

揚げ物で油が切れていない、ギトギトした物は最悪ですが、

行列ができる事で、作り置きが出来なく常に揚げたてを供給でき

より美味しい物が提供できる。

揚げ物店の繁盛する法則ですね!



中村屋

住所    大阪府大阪市北区天神橋2-3-21

営業時間    9:00~18:30

定休日     日曜・祝日



スポンサーサイト

ウォオッオー!

こんにちは藤木です。


私は、様々なジャンルの音楽を聴くのですが、

やはりHM/HRが大好きです!

何かドロップアウトしたかの様な始まりですが、

最近の記事であるバンドの復活が取り上げられ

今回はこのバンドの紹介と思いつきました。

それのバンドとは

  KEEL  です。

このブログをお読みいただいている大半の方は

おそらく全く興味がないでしょうが、続けます。

興味のある方は続きをどうぞ。

LAメタル全盛期 Yngwie Malmsteenが参加したSteelerの

中心人物である Ron Keel(Vo) が結成

ありきたりの説明になるのですが、音の方は、

適度にハードでストロングでフックがありサビはキャッチーでみんなでコーラスできて

時にはメロウなバラードがあり、所謂LAメタル特有のサウンドです。

ポイントとしては、ロン・キールの声が好きか嫌いかです。

どちらかいえば、私は嫌いです。(笑)

では、なぜ紹介するかといえば、2nd・3rdのアルバムの曲が私のツボにはまったからです。

とりあえず聴いて下さい。2ndのThe Right to Rockからのタイトルナンバー

The Right To Rock




そして3rdのThe Final Frontierから

Tears Of Fire



JourneyのFaithfullyのPVそっくりです。みんな仲良しです。

この曲はMTVでもよく流れてヒットしました。

でも、この映像と違う物だった記憶が・・・

このアルバムではパティ・スミスのBecause the Night(ブルース・スプリングスティーンと共作)

もカバーされ、2ndのヘヴィ路線よりもヴァラエティに富んだアルバムでした。

この後、来日公演が行われました。

3rdの1曲めでもあり、そのツアーのオープニング曲の

The Final Frontier (live 10/15/86)




当時、私の周りの友人はHM/HRから離れていき、

誘っても誰からも断られ、寂しく一人で行きました。

次は無いと思っていたので、この来日を逃す分けにはいかないと!

LIVEは演奏やフォーメーションともに、見せ場も多く本当に良かったです!

この時、隣に50歳前後と思われる紳士が一人でおられたのですが、

その方もノッテいらっしゃいました。

その姿見て、「自分も、いつまでもこんなん聴いてるんやろなぁ~」

と、思い今それに向かってまっしぐらです!

結成25周年の再結成ですが、おそらく無いと思われる

来日を少しだけ期待し今日も

The Right to Rockと叫びます!
                4-41.jpg




たまにはブラブラと

こんにちは藤木です。

この前の休日、長堀橋に用があり、いつもは車で動くのですが、

日々30分以上を目標として歩く私は、ノルマ達成の為電車で向いました。

程なく用事を済ませると、もうランチタイムの終わりかけ時で、

サラリーマンやOLの方々が会社に戻られる様子。

では私も、そろそろランチでもと思い、当てもなく歩き出しました。

ガッチリ食べたいので、カロリー消費のために

徒歩30分ぐらいに着く店へと、そこで浮かんだ店

元祖カツカレーの店  「カツヤ」 に行きました。


4-39.jpg


洋食屋の店ですが、私が見る限りほとんどの人がカツカレーを食べています。

そのカツカレーは、A(ロース) 980円 B(上ロース) 1400円 C(ヘレ) 1600円と

3種類あり、人によってはBがオススメと言ったり

絶対Aをオススメと色々ですが、今日はAを注文しました。

薄目で大判のカツは、細め にカット してありスプーンでも切りやすく

カツカレー のカツとしては食べやすくもあり、美味しいです。

リンゴと野菜を3年間熟成させた、フルーティーで甘酸っぱいカレのールーは

甘味とコクが際立っており、このソースで食べる通常のカレーライスで十分と思う程です。

しかし、このソースをカツに絡めてライスと食べると

やはり、この コンビネーション が素晴らしいと満足します。 

余談ですが、この時チュートリアルの徳井さんがいました。

で、帰りは堺筋本町まで歩きました。




住所   大阪市浪速区元町2-6-25 

電話   06-6631-8988

営業時間   11:00~20:30

定休日    日曜日





思い出しました

こんにちは藤木です。

TVで「ノブナガ」なる番組の後半に

「ごはんリレー」というコーナーがあり、

マジシャンの小泉エリが、道行く人に声をかけ昨日食べたものを聞き、

それと同じものを同じ場所で食べる企画。

名古屋名物である、味噌カツ・味噌煮込み・手羽先・ひつまぶし・きしめんの5品の中から

3品食べることが出来ればゴール。

言われたものしか食べられないが、飲み物は自由に飲んで良い。

と、いう内容で、結構楽しみにしていて、

これが始まる後半から録画して観ていたら、

雲海の風景が映されていました。

4-36.jpg
(使われた画像とは違いますが)

この映像がフラッシュバックの引き金となり、

あの30数年前の思い出がよみがえりました。



当時、小学生だった私は家族と旅行で木曽路に行きました。

その行程の中で御嶽山の登山が含まれていました。

はじめは天候も良好でピクニック気分だったものの、

次第に、雲行きも怪しくなり、道中も険しくなり始めたころ

「あと、もう少しだからね!」と下山する人たちからの声掛けが!

しかし、道は厳しくなる一方   

そしてまた、次から次へと「もう少しだからね!」と声掛けが

ところが、益々天候は悪くなり、霧と雨の中、上を見上げても3メートル先も見えない状態

今まで、登山といえば比叡山や大文字山ぐらいしか経験がない私は、もう限界寸前

そこへ「もうすぐ着くわよ」とおばさんの声が

すると、霧が晴れすぐそこに山頂が!

やっと山頂に到着! まずは山小屋で休憩を取り、ホッとして外に出てみると

そこには雲海が一面に広がっていました。

「こんな綺麗な景色、生まれて初めてや!」と思わず声を上げ

何んともいえない達成感を得ました!

どんなに辛くても、諦めずに目標に向かって歩み

また、周りの応援を力に変え、進み続ければ

そこには素晴らしいしゴール辿り着けると!



まだまだ先が見えない不景気の世の中、

これからも色々な事が待ち受けているでしょうが、

この事を忘れずにと、一人思う深夜の事でした。


今日は何の日?

こんにちは藤木です。

22日はカレーの日である本日

大阪は午後からあいにくの雨です。

こんな日は気分が沈みがちにあるので、

小気味よい音楽をご紹介しましょう。

SOULIVE  です。

メンバーは

Alan Evans (Drums)     Neal Evans (Organ)    Eric Crasno (Guitar)
 
Jazz Funk系オルガントリオです。

ジャズをベースに、ファンキーなリズムとキャッチーなメロディーが特徴です。
(まんまの説明です。笑)

よくFMなどのBGMにも使われているので、耳にされているのでは?と思います。

基本的はこの3人です。以前サックスやヴォーカル正式に加入させたり、

または、ホーンセクションをサポートに入れるなどしていますが、

現在は元の3人に戻っています。



メンバー表でお気付きかと思うのですが、ベースはいません。

エヴァンス兄弟の弟ニールがキーボードで、ベースを弾いています。

左手でベースkeyと右手はオルガンと大忙しです。

この人の左手から繰り出すベースのフレーズは、大変カッコよく

とてもキーボードで弾いているようには思えません。

MC担当の兄アランも負けてません。

ドライヴ感あふれ、パワ-に満ちたドラムがバンドを支えています。

バ-クリ-音楽大学出身のエリックも当然お上手で、この人と分かる音も特徴です。



名前の由来である、SoulがあるLiveが、このバンドの醍醐味の一つです。

それでは聴いて頂きましょう。

El Ron


Cannonball

Coolなサウンドです!



ブルーノートレーベルからメジャーデビューしたのですが、

そこを離れてからは、アルバムごとにサウンドが変化し

より音楽の幅が広がっています。

で、今日の夕食はSOULIVEをBGMにレッドカレーで決まりです!



ようわからん?

こんにちは、オガワです。 

なんかすっげぇ久々です。

たぶん今年初の更新ですねぇ 

みなさん、「 あけおめ 」 です。(笑)



はっきり言って

藤木にまかせっきりでめっちゃさぼってました。 ( 反省

またマメに出没しますね。


今日はオラオーラの紹介です。

要は自分のオーラを確かめるものなんですけど、

良いのか??? 悪いのか??? まったくピンときません 。。。

でも一応やっときましたんで、

貼り付けておきますねぇ~



RENTマンでは、



1-621.png

こんな感じですね。



色の詳細は、


赤のオーラ → 頑固、情熱的、理想家、短気、正義感が強い
青のオーラ → 知的、冷静、現実主義、向上心がある
黄のオーラ → 陽気、ほがらか、ひょうきん、影響を受けやすい
橙のオーラ → 庶民的、おっちょこちょい、人懐っこい、世話好き
緑のオーラ → 無欲、平和主義者、慎重、安心感がある
紫のオーラ → 情愛が深い、思慮深い、調和力に優れている
銀のオーラ → 古風、地味、芯が強い、一途である、こだわる
金のオーラ → 最も崇高な色、英知・発想力がある、失敗を恐れない


です。


本名でやると?



1-622.png


ハンドルネームより上です。


また、ちょ~ヒマな時にやってみて下さい。


ぽちっとクリック → 
オラオーラ


『 でっけぇ街造り 』 と 『 ランキング 』 の応援もね。

覚えてますか!

こんにちは藤木です。

少し前になるのですが、

よく行くBarのマスターからのメールに、こんな写真が添付されていました。


4-34.jpg

みなさん、覚えていらっしゃるでしょうか?

ウーパールーパーです!

マスター自慢のベストショットと、言ってました。(笑)

マニアの方も多くいらっしゃるようですが、

80年代にCMやTV番組で紹介され、一躍有名になった後、久しく見ませんでした。

Barのカウンターの水槽で3匹飼われているのですが、

今では成体になり、

そのうちの1匹が変態し、えら呼吸から肺呼吸となっています。 

で、Wikipediaで調べたところ、正式名は

アホロートルと呼ばれているようで、ウーパールーパーは商標名でした!

こいつを見て癒され、心地いい音楽を聴きながら飲む酒は、かなり美味しいです!



2月6日からです

こんにちは藤木です。

今日は、間もなく来日のJeff Beckを再度紹介します。

まずは、こちらを


Blue Wind

Wiredからの曲です。

私がJeffを聴き始めたのは、この曲からです。

ツアーによってメンバーが変わるのですが、この時のメンバーは、

Jeff Beck (g), Jan Hammer (key), Fernand Saunders (b), Simon Phillips (ds) 

1893年ARMS Connsertのアメリカのツアーだと思われます。

次も、同メンバーで、


The Pump 

There And Backからの曲です。

アルバムの曲によっても、各パートのメンバーが違うのですが、

特にヤン・ハマーとの相性が良いと思います。

ヤン・ハマーとであれば、Star Cycleとお考えの方がいらっしゃると思いますが、

この曲が好きなもんで、今回はこちらを・・・

ちなみに、この人、TVのマイアミヴァイスのテーマを提供しています。

次はJeff Beck (g), Vinnie Colaiuta (ds), Pino Palladino (b), Jason Rebello (key)で、

2006年North Sea Festivalから


Scatterbrain

Blow By Blowからの曲です。

緊張感みなぎるテーマ部分が、非常にスリリングでテクニカルで、このアルバムのハイライトです。

他にもメローな曲や、ファンキーな曲を、情感豊かに表現されています。

ソロ以降のインストゥルメンタルの作品に興味をもたれた方は、

まずはこのアルバムから聴かれる事をオススメします。

4-26.jpg

還暦をすぎてなお進化し続けるギターを、もうすぐ生で聴けるが楽しみです。










影響を受けやすいです。

こんにちは藤木です。

寒さが一段と厳しくなるなか、皆さん如何お過ごしでしょうか?

こんな寒い日は体の温まる物が食べたくなり、

今日のランチはラーメンに決定!と、いう事で、

「麺や輝」に行ってきました。

ここは、自家製のストレート麺を、

魚のだしを使った豚骨ベースの醤油味のスープでいただけます。

で、人気店の昼時なので、当然満席、しかも数名並んでいる状態。

この並んでいる時に、つけ麺の誘惑にあってしまいました。

このお店、つけ麺も美味しくて、人気のメニューです。

食べてるお客さんは皆つけ麺を、空腹で待たされている私の視線はつけ麺に

おいしそうやなぁ~でも、今日は寒いし、あったかいラーメン食べるつもりで来たんやけど・・・

いよいよオーダーが私の順に

「味玉つけ麺、1.5玉で!」(¥850)を

4-33.jpg

スープはこってりですが、私はあっさりと誘惑に負けてしまいました。

このお店、つけ麺では、1玉、1.5玉、2玉と選べ、すべて同料金です。

太めの弾力のある麺を、魚と豚骨の濃厚なつけ汁にしっかり絡めて食べると、

やっぱ、うまい!

厚く切られた大きなチャーシューは、肉の旨味が堪能でき、食べ応え十分です。

そして、半熟の味玉をスープに絡めると、これがまたうまい!

最後にスープ割を頂きたいところですが、すでに腹パン状態で、もう無理。

勘定を済ませて満足感いっぱいで店を出ると

うわぁ~メッチャ寒いやん!

次回は暖かいラーメンを注文します。

「麺や輝」

大阪市東淀川区淡路4-8-15
06-6326-7755
定休日  月曜日

もう、直しません

こんにちは藤木です。

昨日は成人の日でしたね!

私は、成人式を1度終えてから、

もう一回できる年齢を、すでに超えております。



私、写真を撮るという行為が、普段からあまり無いのですが、

先日、思わず撮ってしまいました!

4-31.jpg
私の車の写真です。

分かりにくいですが、走行距離が33333㎞となってます。

走行中、何気にメーターに目をやると、この数字が!

慌てて、車を止めて「カシャ」!

で、これの前にも1回撮ってます。

それがこれです。

4-32.jpg
走行距離が30000㎞になった時です。

この時は丁度、信号待ちの時でした。

液晶が欠けていますが、私の車のシリーズ特有の故障らしく、

以前、直しても、また同様の症状になりました。、

33333㎞の時は正常でした。

しかし、この後また数字が欠けています。

以上、車の故障個所と、私が結構うれしがりな性格だ、という報告でした!(笑)








観たいです!

こんにちは藤木です。

遂に決まりましたね!

JOURNEY の来日公演!

3/11大阪公演のみ発表があったのですが、3/9~11の予定らしいので

後日、詳しい日程が発表される思います。

このバンド、ヴォーカルが変わろうが、常に良い作品を出しています。

最新アルバムです。

4-30.jpg
        Revelation

今回も、良質なメロディー満載なアルバムで、バラードもハードな曲も名曲ぞろいです。

期待以上でした。

そして、一番の話題はスティーブ・ペリーにそっくりなVoの

アーネル・ピネダの加入でしょう。

本編であるディスク1でも、その歌唱が見事にJOURNEYにマッチしていますが、

セルフカバーであるディスク2でスティーブ・ペリー時代の名曲も見事にクリアしています。

これで、つかみはOKです。

で、なにより丁寧に歌い上げて、このバンドに加入できた喜びを、感じ取る事ができます。

以前、FMCOCOLOの上柴とおる 先生の「南港♪Music Entertainment」という番組で

ディスク2の曲とオリジナルの曲を、ワンコーラスごとに繋げて1曲として放送していたのですが、

あまりのそっくりぶりに、次第にどっちが、どっちだか分からなくなりました。(笑)

ただ、このアルバムを聴きこんでいくうちに、歌唱や声質の違いも感じ取られ、

次回作でのアーネルの個性に、期待が膨らみます。

まずは、3月のライブに期待しましょう!





再始動

こんにちは藤木です。

本年の初ブログになります。

みなさま、本年もよろしくお願い致します。

7日から営業でしたが、有難い事に、大変忙しく更新ができませんでした。

今日は休日中よく聴いていたJeff Beck を紹介します。


4-26.jpg
 Blow By Blow

4-29.jpg
Wired

4-28.jpg
There And Back

フュージョンよりの時代の作品です。


もうすぐ来日します。


さいたまスーパーアリーナでは、クラプトンと共演です。豪華です!


とりあえず、大阪公演は観にいく予定です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。