スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UK

こんにちは藤木です。


今日のCD紹介は、前回のプログレ繋がりという事で、



              4-24.jpg


                  UK

      NIGHT AFTER NIGHT
  です。


この時のメンバーは  ジョン・ウェットン      Vocal ・ Bass
   
              エディー・ジョブソン     Keyboard ・ Violin

              テリー・ボジオ        Drums


これは2ndアルバム 「DANGER MONEY」(1979)からのメンバーで

1st 「U.K」(1978)のデビュー当時は

              ビル・ブラッフォード     Drums

              アラン・ホールズワース   Guitar

と、ジョンとエディーを加えた4人編成で結成されました。

凄腕ミュージシャンであるこの4人の経歴が、また凄い!

ビル・ブラッフォードはイエス ・ キング・クリムゾン等
 
アラン・ホルズワースはテンペスット ・ ソフト・マシーン等

エディー・ジョブソンはカーヴド・エアー ・ ロキシー・ミュージック ・ フランク・ザッパ等

ジョン・ウェットンはキングクリムゾン ・ ユーライアヒープ ・ ロキシー・ミュージック等

いわゆる、スーパーグループの誕生となりました。

ビル・ブラッフォードの複雑で奇抜な変拍子を多用するドラム

アラン・ホルズワースの独特で不思議で変態的な早いフレーズを奏でるギター

このテクニック集団から生み出す、高度で変拍子を多用したリズムに

エディー・ジョブソンの重厚で荘厳なキーボードと時々メッチャ歪むバイオリン

そして、ジョン・ウェットンの情感あふれる温かいボーカルに、堅実なベース

「U.K」では、絶妙なプレイが堪能できます。

この後、元々ジャズ志向が強かった、ビルとアランは脱退。後に、BRUFORDを結成。

これにより、夢のスーパーバンドはわずか1年たらずで崩壊。

残った二人はテリー・ボジオを迎える事に

この人、元々はジャズ畑出身にも拘らず、叩き方はロックぽいですが、超技巧派です。

そして、よりメジャー志向というか、ポップ色を強めた2ndアルバム

「DANGER MONEY」を発表

一般の人にも聴きやすくなったものの、凄まじい演奏は変わらず、

そして、楽曲の完成度は高く、優れたアルバムです。 

で、今回なぜ3人のLIVEを取り上げるのか?

このLIVEが1番好きだからです。

考えて下さい

4人編成時代の曲をトリオでやるには、通常無理がありますよね。

ところが、このトリオの演奏は4人編成時代を、完璧再現しています。

特にテリー・ボジオの激しくもあり複雑な演奏は衝撃的です。

エディー・ジョブソンはキーボードとバイオリンを使い分ける事で

音の厚みも増え、ギター部分をカバーしてます。

なによりも、トリオになった事で、それぞれが切磋琢磨し非常なタイトな演奏が聴けます。

音源は違いますが、スタジオライブをお聞きください。

Caesar's Palace Blues
かなり画像が悪いですが、UKを理解するのに分かりやすい曲なので


Nothing to Lose
2ndからのPVです。
当時のジョン・ウェットンはスリムでした。


しかし、これを最後に解散となり、わずか3年と短命に終わりました。

正規の音源はこの3枚だけったのですが、ブートレッグの数は多く

最近ではオフィシャルブートレックが発売されました。


          4-25.jpg
                「Live In America」



内容は4人編成時代のもので、2枚のブートレックから構成されており

1~7曲目までは「PARADISE LOST」もので、

あとは「THE SAHARA OF SNOW」です。

私はこの2枚を持っているのですが、購入当初、

この4人LIVEがなので、ワクワクして聴いたのですが、

う~ん、なんだかなぁ~

とりあえず資料として、手元に置いておく事にしました。

「PARADISE LOST」の方は録音も演奏悪くはないのですが、

「NIGHT AFTER NIGHT」に比べると、いまいちな内容です。



解散後、ジョン・ウェットンはまた、スーパーバンドASIAを結成

よりポップなプログレで成功を納め、最近、再結成され現在も活動中。

そのASIAの半分のジョン・ウェットン&ジェフ・ダウンズが、2月にBillboard Liveで来日

別に二人で来なくても、エイジアできたら、えいじぁ~(同意語→良いのに)

すいません、野口五郎風のダジャレです。

テリー・ボジオは奥さんとのバンドMissing Personsやジェフ・ベック等、

数々のミュージシャンとセションをこなしています。

最近ではKornにサポートとして参加していました。

エディー・ジョブソンは「The Green Album」を発表、何枚かアルバムを出し

その後、CMやTV等の音楽に、活動の場を変えている。

94年に再結成で新たにレコーデングを行うものの、途中で分裂しています。




本年の当社のブログは今回が最終となります。

みなさん、おつき合い頂きありがとうございました。

それでは、良いお年を。




スポンサーサイト

色々あります、遊んでみて下さい!

こんにちは、オガワです。 

皆さん、クリスマスは楽しく過ごせましたか? 

毎年、そうですけどクリスマスが過ぎると、

急に寒くなりますよね。。。 

今日がそれです、

めっちゃ寒いっす。。。 

営業職ですけど、外でるん嫌です。



年末も近づくと、ネタがありません???(年末と関係あんのかな?)

という事で、

『 天国からのメッセージ 』 が評判よかったので、(たぶん。。。)

前に載せたやつ引っ張ってきて載せときます。(いわゆる手抜きネタです。笑)

超~ひまなら遊んでみて下さい。



※注:基本的に当ブログ内のリンクは別ウインドウで開きます。




1、「 天国からのメッセージ 」
 
 これは記憶に新しいですよね。


2、「 脳内メーカー 」

 これはみなさんご存知の脳内メーカーで、四字熟語バージョン。


3、「 スロット刑事 」

 やりすぎると、間違いなく夜うなされますよ。(笑)

 苦情は受け付けておりませんので、程々に。


4、「 お遊び占い・診断 」

 これはアホらしくて笑いますよ。

 いろんなパターンがあるんで癒されて下さい。(HネタもあるんでR16指定で)


5、「 ブログ通信簿 」 ノーマルバージョン

 これは説明なしで。


6、「 ウラ県民診断 」

 これも説明いりませんね。


7、「 血液型ゲノム 」

 これも要りませんね。




全部やられた方は、















めっちゃ!














『ひまぁ~』  なんですね。(笑)













明日27日にて仕事収めとなり、

私の出没は、今年はこれで最後になりそうです。(たぶん。。。)

今年、最後が手抜きネタですいません。

あし@及び色々な所から訪問して頂いた皆様、ありがとうございました。

おかげ様で、ランキングも上位に上がり、

街も600人を超える人口になりました。

来年も、今年以上のブログ作りを目指していきますので、

今年以上のご声援と応援、よろしくお願いします。

では、



良いお年を~


BOSTON / Don't Look Back

こんにちは藤木です。


今日のCD紹介は



            4-23.jpg



            BOSTON
       DON’T LOOK BACK
 
  です。


メンバーは    トム・ショルツ         Guitar ・ Keyboard 
           ブラッド・デルプ         Vocal ・ Guitar ・ Keyboard 
           バリー・グドロー        Guitar
           ジョン・シブ・ハシアン    Drums
           フラン・シーン         Bass


一応バンド形態となってますが、実のところは

トム・ショルツによるソロ・プロジェクトです。

この人、マサチューセッツ工科大学卒でポラロイド社でエンジニアとしての経歴の持ち主です。

先日、お客様との会話の中で、ロックマンというヘッドホン式のギターアンプの話題になり

今回BOSTONを紹介するきっかけになりました。

当時、ウォークマンが登場し手軽に音楽が聴ける状況となり

ギターでも同様にと作られたのがロックマンでした。

このロックマンを開発したのが、トム・ショルツという流れで今回に至ります。

この出来事は、このアルバム発売後だったと記憶しています。

物作りが好きな人なので、当然、音楽も一人でコツコツとデモ・テープを作ります。

ボーカル以外はすべて演奏しており、尚且つ完成度の高いデモ・テープが

認められデビューの運びとなり、その後にメンバーを集めて完成した1stアルバムが

「幻想飛行」となります。

そして2年の月日がたち、1978年このアルバムの登場となります。

今でこそ、たかが2年ですが

当時は新人で、2年のブランクは異例の出来事でした。

しかし、2年待たされた分、すべてにおいて完成度が非常に高く

特に、このアルバムの音質が30年前の物とは思えないぐらい素晴らしいです。

プログレ・ハードといわれるスペイシーなサウンドにも拘らず

シンセサイザーが全く使われておらず、

アルバムにも「No Synthesizers」「No Computers」と誇らしげにクレジットが入っていました。

ファーストの方が衝撃的で1番との意見もあると思いますが、

私としては、より完成度が高く感じ

またBOSTONは、このアルバムから聴き始めた事もあり

より思い入れが強い1枚です。

では、タイトルナンバーをお聞きください


DON'T LOOK BACK


何回ダビングしたんやろ?と思う様な独特なギターサウンドが素敵です。



A MAN I'LL NEVER BE


これを聞くと、涙が出そうになります。

ライブでのパイプオルガンは当時、話題になりましたが、

後日このパイプはハリボテと判明、騙されました。

この後、完璧主義者であるトム・ショルツは

とうとう、8年周期でアルバム出すようなり、現在まで5枚のアルバムが出ています。

私としては、最初の2枚で十分です。

今年の夏もツアーをしていたようですが、

先年、オリジナルのボーカルであるブラッド・デルプが亡くなられました。

この人の、ボーカルもBOSTONの魅力だったのに・・・

まぁ、トム・ショルツ健在なかぎり、BOSTONは飛行し続けるんでしょうね。

AC/DC 10月に来日の噂です。

終わりました。

こんにちは藤木です。


昨日のトヨタクラブW杯見られましたか?


私は3位決定戦はまだ見てません。


結果は知ってますが・・・


なので、コメント出来ません。


今日、帰ってから見ます。


でも、ガンバが勝って良かったです!


おめでとう!


マンチェスター・ユナイテッド VS リガ・デ・キト戦は


約1.時間半遅れで、キックオフから見だしたのですが


前半戦のマンU、魅せてくれましたね。


あの華麗な個人技、ロングや細かくつないだ正確なパス、それとスピード


凄く楽しませてくれましたが、無得点で前半終了。


で、後半4分ビディッジがレッドカードで一発退場


ここで、なんかヤバイ?と、感じる私


決してマンUが、ヤバイのではなく  


睡魔に襲われている私がヤバかった!


そして、気がつけば、


ロナウドからのパスをルーニーが強烈なシュートを決めていた。
(なんとタイミングの良い事でしょう)


さすが、と思いつつまた・・・


その次に起きたのが、AM4:00


え~っと、やってしまいました。後半は、ほぼ爆睡です。


前日の忘年会で酒を飲みすぎ、


翌日は早朝に起きなければいけなかった為


睡眠不足により、私自身が悲しい結果となりました。 


と、いう訳で今夜は決勝の後半も観戦です。(また、寝るかも?)

   

「 天国からのメッセージ 」

こんにちは、オガワです。 

最近ちょっとさぼってました。(反省)

ごぶさたの更新です。。。





天国からのメッセージ 」っていうのを見つけたんで、

載せておきますね。


未来の自分からメッセージが届きます。


ちなみに私は、、、

96歳で病院のベットで生涯を終えるみたいです。。。



以下に全文を載せておきます。



2008年の僕へ        

元気ですか?      
2008年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
僕は96歳で、つまり西暦2065年に病院のベットで生涯を終えます。
周りに迷惑かけてばかりだったけど、楽しい人生でした。
だたひとつだけ、過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。
それは2012年の冬のこと。
僕はある映画がきっかけで、あるイベントの幹事を引き受けることになります。
その事が、後の人生を大きく左右することになるのです。
メモしておいてください。

最後にひと言。
96年間生きてみて思ったのは、
「美味しいものを食べることこそ、いちばんの幸せだなぁ」ってこと。

では、またいつか会いましょう。
これから先の人生も精一杯たのしんでください。





だ、そうです。(笑)





ぜひ試してみて下さい。
      ↓
      ↓
      ↓

天国からのメッセージ



3

こんにちは藤木です


昨日のトヨタクラブW杯は見られましたか?


私はとあるBarで、みんなで応援していたのですが


野球のスコアや無いっちゅうねん、


と思うような5対3でガンバ力及ばず 


しかし、試合内容としては非常に楽しめたと思います。


前半のセットプレーからの2失点


しかも、1点はロスタイムでの失点これは、精神的にもきつい  



が、ガンバの選手たちは決してそうでは無かった


後半、マンUのペースがやや落ちたところへ


ガンバらしい攻めの展開で山崎のゴール!


この時TVを見ていた方はお分りかと思うのですが


マンUのメンバーの顔が明らかに変わりましたよね!


本気モードになりましたね。目が怖かったです。


で、店内ではみんなでガッツポーズとるや否や


あのルーニーのスピード!


その後の展開は1-5と見てる我々も、もう笑うしかない状態


それでも、攻め続けるガンバに店内は応援で盛り上がり!


そして、後半40分のPK


遠藤のすこし速めコロコロでゴール!


例え負けても、マンUが悔しがるような点をもう1点と


我々も大応援!


そして、ロスタイムに入って橋本のシュート!


店内は大騒ぎでした! 


ファン・デル・サールかなり怒ってましたね!


でもこの人やっぱ、良い仕事してましたね。


今回の試合は、結果的に残念ですが、


世界のマンチェスターUに対して


吹田市のクラブチームであるガンバ大阪の選手が、あの点差にも関わらず、


最後まで諦めずにゴールに向かってガンバらしい攻撃ができた事に


あっぱれ!と思います。


にしても、負けてるのロナウドにすぐに駆けよりユニフォームの交換を行った、


安田の嬉しそうな表情は如何のものかと!


とにかく、21日の決勝と3位決定戦が今から楽しみです!

THE BAKED POTATO SUPER LIVE

こんにちは藤木です。


今日のCD紹介は


         4-21.jpg
 


GREG MATHIESON PROJECT
THE BAKED POTATO SUPER LIVE! 
 
 です。


メンバーは   グレッグ・マティソン    Keyboard 
          ロバート・ポップウェル  Bass 
          スティーブ・ルカサー   Guitars
          ジェフ・ポーカロ      Drums

元々はグレッグがソロでライブを色々なメンバーと出ていた同時期


ラリー・カールトンとプレイしていたグレッグとジェフがその後一緒のライブをやる様になり


次第に、このメンバーに落ち着きました。


このグループ、とりあえずプレイしたいという趣味的な要素が強く


その場所が「BAKED POTATO」というライブハウスだったそうです。


とはいえ、内容の方は素晴らしくもあり、凄まじい演奏でまさに名盤です。


オールインストのフュージョンですが、TOTOの二人である


ルカサーのギターとジェフのグルーヴが、時折かなりロックしています。


例えば、1曲目のBomp Meなど






最初のアーミングはやりすぎです!(笑) 


その後のグレッグのB-3のグリッサンドが堪りません!


ベースの方はあまり存じ上げてないのですが(すいません)、さすがにお上手です。


何といっても、生前のジェフがおもっきり叩きまくるプレイをLIVEで聴けるとは、


本当に貴重なアルバムです! 


このアルバム最初はレコードで発売されていました。


その時のアルバムジャケットが上の物です。


当時、友人に借りたこのレコードをカセットに落とし聞いていたのですが、


何年かたち、聴きすぎて、テープが伸び聞ける状態でなくなり


それから、CD化されていないかと探すところ、十数年


1998年、中田利樹さんのおかげで、やっと再発!


この中田さん、AOR専門のレーベルCOOL SOUNDSを主宰、
(発売、無期延期になったTOTO初来日のLIVEも、何とかならないでしょうか?)


またラジオのDJもされており


大阪ではFMCOCOLOで「アダルトオリエンテッドRADIO」という
(軽快なトークとマニアックな内容で、いつも楽しみにしています)


AORを深く掘り下げた内容の番組を担当されております。


CD化された当時、京都に住んでいた私は十字屋という、楽器やCDなど音楽関係全般を扱ったお店から


購入し急いで車に戻って聞いたのを今でもよく憶えています。


このCDを聞きたい方で、大阪でお部屋探しをお考えの方は


是非、当店にお越しください。


車内でこのCDを掛けながらお部屋をご案内させて頂きます!

          

祝ベスト4入り!

こんにちは藤木です


昨日のトヨタ・クラブW杯みなさん観られましたか?


見てない方も一緒に喜びましょう!


ガンバ大阪の勝利を!


ACL決勝でアデレードに勝ったとはいえ、決して楽観視できない厳しい戦いの中


明神から二川へ、そして絶妙な動きだしの播戸へのパスからヘッドで遠藤へ


これまた遠藤らしい股抜きを狙ったシュートで ゴール!


本当に素晴らしい!


吹田市民の私としても、地元のクラブチームの勝利は格別の喜びです


次戦はあのマンチェスター・ユナイテッド!


二川と佐々木の負傷は痛いですが、あのスター軍団を撃破できるよう


みんなで応援しましょう!   


 

痛ッ!

RENTさん、、、つまりヨコミントです。

現在、整骨院に通っております。

わたしの首が、、、腰が、、、右にボキボキボキーーーー!!左にボキボキボキボキーーーーー!!

運動不足のため、体がかたく、ひずんでるためしばらく通うようにいわれてます。

11月30日、仕事がおわり後片付けをしようとしたとき

左足の付け根がいたくてビッコひいてじゃないと歩けなくなりました。

やっとの思いで帰宅して横になろうとするけれど

足が痛くて曲がらず横になることもできない・・・・

いすに座ることも痛くてできない・・・

お風呂に入ってあたためたら治るんちゃかと湯船に入ろうとしても

足が痛くて曲がらず入れない・・・

立ったままシャワーあびて着替えようとしたけど

自分で着替えることができず母親に着替えさせてもらいました・・・

母親に手伝ってもらいふとんに入ったけどどの体勢も痛くて眠れない・・・

次の日は、朝から本社で全体朝礼!

でもお布団から起き上がれない!!

しかも激痛!!

しぶしぶ店長に電話してお休みをもらいました。

母親に病院に連れて行ってもらいました。

レントゲンも痛みを我慢してパシャ、パシャ

先生、「少~しこの骨がずれてるかな」

    「痛み止めの薬をのんでみて」

エエエエエ~こんなに痛いのに何にもないの????

入院して、手術してまで覚悟してきたのに~。

痛み止めをのんで整骨院へいき、ボキボキしてもらい無事復活!!

さ、今から整骨院にいってきます。

みなさんもお気をつけて~。


ランキングに参加中です 

      みんなのクリックが励みになります 


 ブログランキング・にほんブログ村<br />へ 










色々あります!

こんにちは藤木です


今日は寒冷前線の通過に伴い、大阪は朝から雨です


その後、冬型の気圧配置となる為、より冷え込んでくるとの事


みなさん、風邪などひかれぬよう、お気を付け下さい!


ところで、最近放映されてるトヨタIQのCMは、もうご覧になられましたか?


すばらしいですよね!


いかに、「起動力に優れたコンパクトカー」であるかのイメージがよく伝わります。


これで思い出したのが、いすゞジェミニのCMです!





優雅で可憐です!約20年前の映像です。


メイキングです。CGではありません!





今では、この日本でいすゞは乗用車の販売はされていないのですが 


かつては、華麗なスタイルの
117クーペ


当時の時代を先取りしすぎた感のあるモダンなデザインのピアッツァビークロス


等々個性的で魅力ある車が色々ありました。


今でも、ピアッツァ・ネロの程度が良い物があれば欲しいと思っています。
(思っているだけで買いません)


お蔵入りにはなったのですが以前、当時F1に参戦していた、名門チーム・ロータスに 


いすゞ製V12エンジンを搭載してテストが行われた事もありました。


今となっては幻となって残念ですが・・・


と、ここでもう一つ残念な話題が!


なんと、ホンダがF1から撤退!     


年末までに、出資者が見つからなければ解散との事!


不況の煽りが、こんなにも早くF1サーカスに影響を及ぼしたとは、驚きです!   

Rest In Peace

こんにちは藤木です。


月も変わり、また気持ちを切り替え年末に向かって


頑張っていこうと思った矢先、


とても悲しいニュースが入ってきました。


LOUDNESSのドラマーである樋口宗孝さんが死去


と・・・


偉大なドラマーが、まだこの若さで・・・


LAZY時代から


色々と、綴ろうと思いましたが、


頭の中が真っ白で、これ以上言葉出てきません。



ひぐっつあん


ご冥福をお祈り致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。